響き合え、科学。

響き合え、科学。

TeamsによるVirtual Science Café始めました。

老化に伴うミクログリアの貪食機能低下は、CD22の抑制で改善する

"CD22 blockade restores homeostatic microglial phagosytosis in ageing brains" 

Nature volume 568pages187–192 (2019

【発表概要】

老化を疾患のリスクファクターとみなし、老化を標的とすることで加齢に伴う疾患発症の予防・遅延を目指す「Geroscience(老化科学)仮説」が提唱されている。

実際にヒトでこの仮説を検証するTAME試験なども計画されており、老化現象に介入する事で疾患治療を目指す機運が高まりつつある。

今回は老化研究の一例として、老化とミクログリアの貪食機能に関する論文を紹介します。

また、Geroscienceの知見を創薬に結び付けるために重要なバイオマーカーに関するトピックも併せてお話したいと思います。

 

【Summary】

The “Geroscience hypothesis” has been gathering attention these days, which considers aging as a risk factor for many diseases and aims to prevent or delay the onset of age-related diseases by manipulating aging process.

As part of the study, the Targeting Aging with Metformin (TAME) trial was planned and designed to test this hypothesis in humans.

This time, as an example of aging research, I will introduce a paper which showed a mechanism of age-related microglial impairment.

I would also like to show you some topics related to biomarkers that are important for connecting Geroscience knowledge to drug discovery.

 

www.nature.com

 

プレゼン資料

drive.google.com

 

プレゼン動画

drive.google.com

(2019.10.31  iPark Science Cafe 15th)